BSCやERC20やPolygonなどと直接クロスチェーンブリッジで仮想通貨のコインを送る方法!Celer cBridgeとANYSWAPを使ったやり方!

DiFi

Masakiです。

今回ですね、BSCやERC20やPolygonなどと直接クロスチェーンブリッジして仮想通貨のコインを送る方法!

ということで、

BSC(バイナンススマートチェーン)→ Polygon(ポリゴン)

BSC(バイナンススマートチェーン)→ ERC20

Polygon(ポリゴン) → ERC20

Polygon(ポリゴン) → BSC(バイナンススマートチェーン)

ERC20 → Polygon(ポリゴン)

など、そういったネットワーク間で仮想通貨を移動させたい時、どうしても、ひと手間かかってしまうわけなんですよね。

以前、バイナンスでは、「バイナンスブリッジ」という機能を使えましたが、それが廃止されました。

Binance | Binance Smart Chain | Binance Bridge | Binance Swap | Binance.org
Bridge and Swap for Binance Chain

そのため代わりに

「このクロスチェーンを使ってください」

と案内があります。

クロスチェーン「Celer cBridge」を使った仮想通貨のコインを送る方法

というわけで今回は、こちらの

「Celer cBridge」

The Best Crypto & Binance Bridge | cBridge
cBridge is a multi-chain, cross-layer asset bridge offering instant transfer with the most number of chains, lowest fee and zero trust.

のブリッジを使って簡単にどうやって仮想通貨を移動させるのか?

わかりやすく解説していこうと思います。

ウォレットの選択

まずConnectWalletを押してメタマスクにアクセスするとします。

ネットワークの選択

そして例えばBSCにあるUSDCをECR20に移したい時は、BSCを選択します。

送る数値をここに設定したら、

送り先を例えばECR20だったらこちら

Polygonだったらこちら

クロスチェーンブリッジの際に気をつけたい手数料

気を付けてほしいのが例えば、BSCからERC20に送る際、手数料のフィーが取られてしまうんですね。


こちらのクロスチェーンを使うやり方は多少フィーが高くなる可能性が高いので、送るタイミングによっても多少変わるんですけどもその点、気を付けてほしいなと思います。

手数料を気にしないで直接BSCからERC20に送りたいという方は、こういったクロスチェーンを使って送ってみてもいいかと思います。

最後にここのボタンを押してもらうと送れるようになります。

クロスチェーンブリッジは送金が遅いので時間がかかる場合がある

クロスチェーンを使う場合って、ここに5分~20分かかりますよと書いてある通り、通常送るよりも少し時間がかかってしまう場合があるので、あんまりすぐに届かなくても焦らず待ってもらうとちゃんと届きます。


ちなみに今回解説した「Celer cBridge」でなく「ANYSWAP」で行いたい場合はこちらからどうぞ

AnySwap - Cross Chain Protocol

もしバイナンスへの登録していない場合はこちらからどうぞ

https://www.binance.com/en/register?ref=11307937

また仮想通貨を取引所やアプリのみで保有するのはリスク大です。

資産を失わないように安全に保有するなら絶対に欠かせないハードウォレット「Ledger Nano S」

Ledger Nano S Plus 暗号通貨ハードウェアウォレット
Ledger Nano Sが大画面、大容量に進化して新登場。 大画面で簡単なナビゲーションとスムーズな操作性を実現 大容量メモリにより、100以上のアプリを同時にインストールして5500種以上の暗号資産を管理可能 独自のLedger Liveアプリで、暗号資産の運用、NFTの保管、DeFiアプリへのアクセスなど、その他...

コメント

タイトルとURLをコピーしました